Gemini PDAでのエディタ考

エディタ画面

エディタは、みなさん色々とコダワリがありますよね。何を基準に選んでますか?

正直なところ、Gemini PDAで使うエディタに関しては二転三転してました。人気はjota+などでしょうか。どうもアイコンが馴染めないのですよね…Androidですので、サクッと変更すればいいといえばいいんですが、個人的にアイコンはアプリ作者さんの思想が出る気がしているので、アイコンに馴染めないとアプリ自体に馴染めないことが多いのです。

本当はDroidVimを使いたいところなのですが、Termuxと一緒に使うとパーミッション関係で面倒になります。また、日本語入力アプリによってはアプリとの相性が悪かったりで、なかなか決まらなかったのですよね。今のところは、以下の組み合わせでの使用で、それなりに快適なテキスト環境となってます。

neovim on Termux

neovim

Termux上でインストールしたneovimが、現在のメインエディタです。このページも含め、管理しているブログは全てHugoという静的生成なサイトジェネレータで作成しています。詳細は省きますが、ターミナル上でコマンドを使用する場面も多く、面倒だったりはするのですが、そういうのも含めて好きなんですよね。ローカルにもテキストがある安心感もありますし、いざとなった時の移行もスムーズなので。ちなみにHugoはTermuxのパッケージには無いですが、golangとmakeをインストールして、ソースからビルドすることで問題なく使用できます。

上記のような理由で、メインで使うエディタに関しては、なるべくターミナルと親和性が高いものが良いので、使いなれたvim系を使いたくなります。また長年「QFixHowm - vim用howmプラグイン - fudist」というメモ書きシステム(もともとはemacs上のシステムです)に依存して日記やメモを書いていて、これが動かないのも困るのです。ありがたいことに、Termuxではapt一発でvimもneovimもインストールすることができたので、なんとかこれを快適に使う方法を模索しました。

まず、フォントに関してはTermuxで指定されたものが反映されます。日本語を使うのでフォントの入れ替えが必要になってきますね。Termuxにて、以下のフォントファイルを変更すれば任意のフォントを使用できます。

/data/data/com.termux/files/home/.termux/font.ttf

これをfont.ttf.bakとでもリネームして、任意のフォントファイルをここにコピーした後font.ttfにリネーム、Termuxを再起動すればフォントは変更されます。任意のフォントが$HOME/hoge/hoge.fontの場合…

$ cd /data/data/com.termux/files/home/.termux/
$ mv font.ttf font.ttf.bak
$ cp ~/hoge/hoge.font ./font.ttf

こんな感じですね。このfont.ttfは、Termuxが素の状態では存在しません。「Termux:styling」というアドオン的なのを入れると現われます。

もしかしたら、これを入れなくても上記の場所に任意のフォントファイルをおいて、上記名前に変更すれば大丈夫かもしれないですが、試していません。ちなみに、スクリーンショットで使用しているフォントはRicty DiminishedのRegularです。

あと、日本語入力に関してなのですが、Termux上ではGoogle日本語入力が使えません。Gboardは使えるのですがスペースが全角というのが主義として許せなく使いにくく、またオプションなどでも変更ができないので泣く泣く却下。他にもいくつか試しましたが(Wnn Keyboard Labやアルテなど)どれも今ひとつです。最終的にたどり着いたのは、SKK for Androidでした。

SKKという日本語入力方式は知っていはいましたが、試したことはありませんでした。試しに…と使ってみると、たしかに癖はありますが慣れればなかなか使いやすい入力法です。動作は非常に軽いですし、辞書の育て方などは独特ですが使ってみるとなかなかに理にかなっており、今後はこれをメインにしていこうかなぁとも思っています。Termux上では「▽」が出なかったりしますが、とりあえず入力するのには支障ないので、しばらくはこれで。ちなみにTermuxのターミナル上では日本語入力はできません。あくまでもneovim上です。

※追記 2018-06-24 Gboardでも半角空白の設定ができるようになったようです!こうなると、Gboardも捨て難くなります…むむむ。

iA Writer

iA Writer

こちらは、プログラムやブログの執筆などではなく、文章のみをシンプルに書くときに使っています。WindowsやMac、iOSなども含め各プラットフォーム用のアプリがあるみたいですね。必要十二分の機能はそろっていますし、シンプルなUIは書くことに没頭させてくれます。クラウド対応もGoogleドライブとDropBoxがあるので大方の使い方には不便は無いでしょう。上のスクリーンショットは書いている最中のもので、下のものが右にフリックした画面(マークダウンを適用したプレビュー画面)です。

iA Writer:preview

他に試してみて良かったのは、以下のエディタでした。Writer Plusは、ちょこちょこ併用しています。

ということで、Gemini PDAにて使っているエディタの紹介でした!おすすめがあれば、ぜひ教えてください!