twitterならTweetDeckがおすすめな理由

Tweetdeck

横長の画面で使うのにぴったりなtwitterクライアントは何でしょうか?

個人的には、スマホもAndroidなので色々なtwitterクライアントも使ってきました。現状では、公式アプリと、ツイタマ+を使っています。前者は主に通知確認、後者がメインです。未読が下に来るっていう設定ができるのが魅力だったりします。

で、これらのアプリをGemini PDAにもインストールしたんですが、今ひとつ使い心地がよくありません。公式アプリは、カーソルでタブが動かせたりして意外に使えるかとも思ったんですが、どうにも画面が間延びしてて気持ち悪いんですよね。いっそ縦画面で、とも思ったのですが、なんだか敗北感があります(なぜ)。そこで思い出したのは、PCで使っていたタブ式のWEBクライアントでした。

中でもTweetDeckはタブの内容を色々とカスタマイズでき、なおかつtwitter本体に取り込まれているので、それなりの安心感もありますし、変な広告も出ません。通知なども含めて公式に準拠しています。そして、Gemini PDAの画面に、このタブ式がぴったり来るんですよね。

TweetDeckは、かつてはAndroidアプリ版もあったのですが、今はWEBクライアントのみです。しかし、Android版chromeアプリから「ホーム画面に追加」をしてやれば、あたかもアプリのように使うことができます。「ホーム画面に追加」は、右上のメニュー(黒丸3つが縦に並んでるところ)にあります。

注意点としては、まずchromeでtwitter.comにログインしておいてから、TweetDeckへ行くことです。そうすることで、TweetDeckのログイン画面で、延々とtwitterの公式ページに飛ばされることもありません。もしログインできなかったら、再読込してみてください。また、TweetDeckのタブの内容をカスタマイズする際に、Gemini PDAの上下幅では足りなくて確定ボタンが見えません。先に、PCなどでセッティングしておいたほうが良いです。アカウントが同じであれば、どのマシンで開いても同じタブの設定となります。

あと、意外と知られていないんですが、キーボードショートカットも豊富に揃っています。これがめちゃめちゃ便利なんですよね。下の画像のヘルプ画面は「?」を押すと出てきます。

キーボードショートカット

スマホと違ってフリック動作などは極力したくないので(タッチパネル式ですからもちろん使えるんですが)、キーボードで完結するに越したことはありません。やりたいことは、一通り揃ってますよね。特に便利なのは、数字キーでタブを移動できるところでしょうか。タブ自体のカスタマイズもかなり自由が効くので、twitterを情報収集に使っている人などには、かなり便利かとも思います。

ということで、Gemini PDAにぴったりなtwitterクライアント「TweetDeck」の紹介でした!